20代で家を建てるメリットと注意点

 

こんにちは!ブエラハウスの澄川です。

 

友達が家を建てた、子どもが保育園に入園した、住んでいる賃貸が手狭になってきた、さまざまなきっかけでふと「家を建てたいな」と思ったとき、あなたならどうしますか?

 

すぐに行動に移せる人ならばいいんですが、多くの人がなにかしらの理由をつけて家づくりを先延ばしにしてしまいます。

 

その中でもよくあるのが「まだ若いから…」という理由。

 

「20代の自分にはまだマイホームは早いよな」と思い、結局家づくりを始められないまま何年間も家賃を払い続けたり友達を羨ましがってしまうことに…。

 

しかし20代で家づくりを始めることにはメリットもあるんです。それを知らずに家づくりを先延ばしにしてしまうのはもったいない!

 

もちろん20代だからこそ注意すべき点もあります。メリットと注意すべき点のどちらも知ったうえで家づくりを検討するほうが良いですよね。

 

そこで今日は20代で家を建てるメリットと注意するポイントをお話していきます。

 

20代で家を建てるメリット


20代で家を建てるメリットは3つあります。

 

①定年退職前に住宅ローンを完済できる

②家づくりに時間をかけられる

③無理のない返済計画になる可能性が高い

 

これらについて詳しく見ていきましょう。

 

①定年退職前に住宅ローンを完済できる

 

住宅ローンの返済期間は、ほとんどの方が35年で組まれます。

 

35年ローンで20代のうちに家を建てたならば、一般的に定年退職する60~65歳までに住宅ローンの返済を終わらせることができるんです。

 

定年後は大幅に収入が減ってしまいます。もし雇用延長したとしても収入は減ってしまう場合がほとんどです。

 

できるだけ若いうちに家づくりを始めて住宅ローンを借りれば、早いうちに完済できて定年退職後にローンの心配をすることもなくなります。

 

定年退職前に住宅ローンを完済できることは、20代で家を建てるメリットと言えるでしょう。

 

②家づくりに時間をかけられる

 

30代になって子どもが増えたり仕事が忙しくなったり、40~50代になって親の介護や同居で時間が取れなくなってしまうということはよくあります。

 

しかし家づくりはやることがたくさん。住宅会社の担当と打合せをしたり壁紙や内装を選んだり土地を見に行ったり…。

 

若いうちのほうが家づくりに必要な時間をとることができる可能性は高いです。

 

「子育てや仕事が忙しくって家づくりに時間をかけられない!早めに家を建てておくべきだった!」

 

なんて後悔をしないためにも、20代での家づくりも視野に入れておきましょう。

 

③無理のない返済計画になる可能性が高い

 

30~40代と比べると20代の若いうちは収入が少ないことが多く、住宅ローンを組める金額も高くはありません。

 

しかし逆の見方をすると20代のうちに住宅ローンを借りるということは、30~40代の年収が上がったときにはその住宅ローン返済額ならば無理なく返済ができるということです!

 

住宅ローンの返済額に余裕があれば子どもの習い事や趣味の旅行などにお金をかけることもできちゃいます。

 

将来余裕のある生活ができるかもしれないという点は、20代で家を建てるメリットです。

 

20代で家を建てる時の注意点

ここまで20代で家を建てるメリットを紹介していきましたが、もちろん注意する点もあります。

 

①不確定要素が多い
②住宅ローンの上限額が低くなりやすい

 

事前にこれらの注意点を知ったうえで、家づくりを始めるタイミングを検討していきましょう。

 

①不確定要素が多い

 

20代のうちは不確定なことが多くあります。

 

例えば子どもが増えるかもしれない、転職するかもしれない、両親と同居するかもしれない、など。

 

賃貸ならば引っ越すことが可能なのでライフスタイルが変わるたびに住まいを変えることができます。しかし持ち家であるとそうもいきません。

 

20代で家を建てる前にはこのような自身のライフプランも頭に入れておいたほうが良いでしょう。

 

②住宅ローンの上限額が低くなりやすい

 

メリットとして触れましたが、収入が比較的低い20代のうちに住宅ローンを組んだ場合、借り入れできる金額は低くなることがあります。

 

借入額が低いということは家づくりにかけられる金額も低くなってしまうということ。

 

間取りや仕様、土地探しも決まった予算内に収める必要があるため、希望するイメージの家が建てられない可能性があります。

 

20代の収入で組める住宅ローンの範囲内で自分の希望の家が建てられるのか、検討するようにしましょう。

 

まとめ

20代で家を建てると定年退職までに住宅ローンを完済できたり、返済計画に余裕が生まれたり、家づくりに時間を割きやすいといったメリットがあります。

 

一方で20代はライフプランに不確定要素が多く、借入額が希望の家を建てるには十分ではない可能性も。

 

20代で家を建てたいと考えた場合は「将来子どもが増える可能性は?」「転職する予定は?」といったライフプランを家族でしっかり話し合うようにしましょう。

 

また、家づくりは「早いほうがいい」「遅いほうがいい」というものではありません。あなたに合った家づくりのタイミングがあるはずです!

 

住宅会社などではそうした家づくりのタイミングについても相談に乗ってくれます。

 

「家を建てたいけれど今の自分たちが家を建ててもいいんだろうか?後悔しないか?」という不安がある人はぜひ今日取り上げたメリット、注意点を踏まえて住宅会社の担当に相談してみましょう。

 

ちなみに、ブエラハウスは「企画型 注文住宅」で月々3万円台からの家づくりも可能です。

 

借入額が低いことで20代での家づくりをあきらめていた場合、ローコストでも満足していただける住まい、適切な資金計画をご提案することができます!

 

20代で家を建ててもいいのかお悩みの方は、ぜひ一度ご来場ください。

 

来場フォームはコチラ
↓↓↓

 

熊本で建てる月々3万円台からの企画型注文住宅
ブエラハウス 澄川希望