家を建てるなら今?家づくりのお得な制度

こんにちは!ブエラハウスの澄川です。

 

「そろそろうちもマイホームが必要かな~」と思ってはいるものの、「貯金がない」「展示場に行くタイミングがない」などの理由で家づくりを先延ばしにしていませんか?

 

家づくりを先延ばしにしてしまうと、賃貸暮らしであればその間の家賃はムダになってしまいます。

 

また、実は家づくりにはお得な制度がたくさんあるってご存じでしたか?

 

中には、もうすぐ終了してしまう制度も。

 

「あの時に先延ばしせずに家を建てていれば数十万円お得だったのに…!」なんて後悔することがないよう、今回は、家づくりに関するお得な制度を一部ご紹介します!

 

家づくりのお得な4つの制度

①すまい給付金

 

すまい給付金とは、一定の条件を満たす住宅所得者に対して消費税の負担を緩和するためにできた制度です。

 

収入などの要件を満たしていれば、現在では最大50万円の給付金を受け取ることができます!

 

このすまい給付金は、令和3年12月までに引き渡され、入居が完了した住宅を対象に実施されています。

 

②住宅ローン控除

 

住宅ローン控除とは、住宅ローンを借りて家を購入・建築・増改築した場合、毎年度末の住宅ローン残高の1%の金額が10年間所得税や住民税から控除される制度です。

 

つまり支払った所得税が返ってきたり、住民税が軽減されることがある制度のこと。

 

年収や建物価格などの条件を入力することで、控除額の目安をシミュレーションできるサイトもあります。気になる方はお試しください!

 

すまい給付金と住宅ローン控除に関する詳しい説明は、コチラからご覧いただけます。

“家を建てるときのお得な制度!「すまい給付金」と「住宅ローン控除」”

 

③贈与税非課税の拡大

 

自分の両親や祖父母から家づくりの資金援助を受けた場合にかかる贈与税が、要件を満たしていれば一定額まで非課税になる制度があります。

 

消費税が10%の住宅の非課税枠は以下の通りです。

引き渡しの時期、住宅の性能、その他の要件によって非課税となる限度額は異なります。

 

④不動産取得税

 

不動産取得税とは、家や土地を取得するとかかる税金です。

 

「課税標準額(不動産の価格)」×税率で算出されます。

 

この不動産取得税の税率は家も宅地も原則4%ですが、2021年3月31日までの取得であれば税率は3%になります!

 

さらに宅地や、宅地と同じ扱いを受ける土地であれば、2021年3月31日までの取得で課税標準額が2分の1になるんです。

 

その他にも要件を満たせば、住宅の課税標準額から1戸につき1200万円減額されたり、土地の不動産取得税から控除される場合があります。

 

家づくりはお得な制度があるうちに!

家づくりに関するお得な制度をご紹介しました!

 

しかし、これらの制度すべてがいつまでも適用されるとは言えません。

 

一定期間のみの支援策や、期限内に引き渡しなどが終わっていればよりお得になる制度もあります。

 

この機会を逃すと「あのとき先延ばしにせずに家を建てていれば数十万円お得だったのに…」なんて後悔をすることになるかも。

 

家づくりに関する、お得な制度が充実している今はチャンスかもしれません!

 

それでも、「マイホームはほしいけど、貯金がないからすぐには始められない」という方はぜひ一度ブエラハウスにお越しください。

 

ブエラハウスは「企画型 注文住宅」。ローコストで高品質な家づくりが可能です!

 

制度が充実している今のうちにお得に家づくりを始めましょう!

 

ご来場お待ちしております!

 

来場フォームはコチラ
↓↓↓

 

熊本で建てる、月々3万円台からの企画型注文住宅
ブエラハウス 澄川